親戚の男性のセンスにドン引きした

うちの親戚の男性はメガネをかけているのですが、デザインもかなり古いデザインのメガネで、細身のフレームのメガネが流行りなのに、どでかいメガネで髪型も主人の方が若々しくて、私がコーディネイトしてあげたくなるほど、最低なコーディネイトでした。
その後、私と主人は結婚式を挙げることになり、披露宴もしました。
しかし、集合写真を撮るときに、式場の方から、弟さんなのに、「おじさまはこちらで」と声をかけられたらしく、少し怒っていました。
その後、私たちに娘が産まれて、主人の実家に遊びに行く機会が増えると、なぜか義弟がいてて、さりげなく、ジャケット メンズ 冬のファッションのアドバイスなどをしてあげるのですが、聞く耳持たずで、主人からも「ほっとけ」と言われました。
しかし、娘が小学校に入学して、おしゃれに目覚める高学年となると、はっきりとおじさんのはずの義弟くんに、「ねぇ、おじちゃん、もうちょっとメガネと髪型変えないといけてないよ。せっかくの男前なんだから、お洋服も今どきのファッションにしないと、もてないよ」とビシッと言ったので、彼は凍り付いていました。
その後は、子供の中学受験が控えているので、主人の実家に行く機会は減っていますが、義母の電話での話によると、ちょっと娘からの苦言がかなり効いたようで、メガネは今どきのメガネで、ファッションは少しだけ今どき風にチェンジしたと聞きました。
やっぱり、誰かが、びしっと言わないと、本人のおしゃれセンスは目覚めないようです。